« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月の記事

2024年1月26日 (金)

高齢者のRSV感染の症状

高齢者のRSV感染の症状

 

RSV感染は主として小児での感染であり、その症状や対策、治療法などは詳細に報告されています。
しかし、このRSV感染は大人でも感染するのですが、その症状はほとんど軽症であり、問題がないので、高齢者が感染した場合の症状などの詳細情報はほとんどありませんし、また一般的に医療関係者の関心は皆無に近く、高齢者の場合の感染での、症例報告は皆無なのです。

 

今回、高齢者の感染による症状の詳細な症状を得ましたので以下にその詳細を記述します。

 

患者は91歳、BMI 24  特別な疾患なし

 

暮れから正月にかけてかるい咳が出始め、数日間そのような状態であった。発熱はなし。体温36度

 

その後、数日たってから、咳をするたびに同時に痰が出るようになり、喀痰が黄色から卵黄状の濃い色となり一日の回数も多くなり、十回前後の喀痰となる。また、鼻水が出て、鼻をかむと軽い濃淡状の排泄物も出るようになった。

 

夜に床にはいり、体型が平行になると、同時に咳の回数が数回と増える状態になる・

 

このような濃厚な喀痰の排出状態は約十日前後と続き、それと同時に夜間の尿意が約七時間の睡眠時間中に三回から四回と極端に増加するようになった。従来はそのような睡眠中の尿意は全くなかった。もっとも、昼間の排尿回数も同じように増加するようになった。

 

このような状態が十日前後と続き、そのごすこしづづ喀痰の色、量も改善するようになり、咳の回数も減りつつあり、三週間後にはもとの状態となり、回復するようになった。また、夜間の排尿回数もすこしづつ減るようになった。

 

なお、この間、発熱はなくいつも36度であった。

 

この症例では、高齢者がRSV感染した場合、重症にはならず、発熱もないが、非常に濃厚な喀痰排泄、そして頻尿になる症例であった。初期症状の発生から回復までにやく二週間
であった。

 

 

 

 

2024年1月25日 (木)

ウクライナ問題の解決策

ウクライナ問題の解決策 ウクライナでの悲劇はいつまで続くのでしょうか。 このような領土問題を戦争することにより解決することは永久に問題解決にはならないことは歴史が示しているのです。 そこで、考えたのですがこのような領土問題に関する戦争の被害を防ぐ方法のとして私が考えたのは、その紛争地の国民に対して、選挙でどちらの国に帰属すべきかを投票で決めることは出来ないものなのか。 もっとも、このような国民投票での解決は紛争が継続しているいる状態の場合にのみ効果があるのです。ですから現在のウクライナのような状態のばあいには効果があるかもしれません。 もちん、このような国民投票は、国連のような中立機関によなされなければなりません。 でも、このような解決方法は前例がないので、不可能かもしれませんね。 追加 {実効支配しているウクライナ領を割譲する「協定を(ロシアと)結べばいい」 このような提案は全然意味がありません この問題は複雑ですが、プチンの目的はウクライナ南部の一部を自国領とすることであり、ちょうど日本の北方四島を自国領にしたことと同じなのです。ただ、ウクライナの場合はウクライナ自身が自国の領土がプチンにとられるということは絶対に受け入れられず、現在では戦争状態になっているのです。 もうこの戦争状態が三年目に入っていますが、このまま続けばウクライナが南方領土をプチンにとられることになるのではないでしょうか。 しかし、このような敗戦結果となるとウクライナにとっては侮辱的な結果であり、理論的には受け入れられないかもしれません。 したがって、その様な侮辱的な結果になる前に、国民投票という形をとれば、少なくともウクライナにとっては受け入れられるのではないでしょうか・

2024年1月24日 (水)

日本語表現の中性化

日本語表現の中性化

 

 

欧州の言語にはその表現についての男性、女性の区別が明確なのです。

 

しかし、日本語表現に私が最も違和感を覚えるのは看護師という表現なのです
基本的には医療看護は歴史的にも女性であるのです。しかし、いつから、そして どのような観点から中性化されたのか。おそらく男女平等という概念からなのかもしれません。

 

したがって、看護婦の使用ができないためか、最近の新聞には「女性看護師」との表記がありましたが、これなどは女性という表現を使っているので、おかしいのではないでしょうか。
そのほかにも、看護師の男(31)のような表現があります。

 

例えば、病院関連の記事には、しばしば研修医とか、若い医師などと看護婦との恋愛関係のことがしばしば書かれていますが、そのような記事でも絶対に看護婦という表現は使われず、いつも看護師なのです。下手な勘繰りをすると、もしかしたら、男性の看護師との恋愛、いゃ、レスビアン、などと考える人は誰もいないのです。

 

でも、日本のすべてのメディはこんなことを指摘する人は誰もいないのです。

 

まったく、こうなると、筆者に言わせると、まさに「日本語を壊しましょう」となるのです。

 

 

 

 

もし、そのような観点から看護師との表現にされたのであるならばすべての他の表現にもに同じようにすべてきではないでしょうか。

 

そうすると、日本語表現のすべてを変えなくてはならないのですが、そのような発想は誰も持っていないのです😊

 

例えば、以下のような表現の場合なのです。

 

 

少年、少女    幼年
主婦       家庭士
母親、父親    これは肉親 
女房、旦那    連れ合い
産婦人科     新生児科
男湯、女湯    個別湯

優       特別俳優

 

 

などなど。でも、そのような変革は無理でしょう。とするならば、なぜ看護師だけが中性化されているのでしょうか。

 

また、最近の話題になった女子大学とか女子学院などもそのような中性化にすべきとの議論があります。
そうしたら、公衆トイレでも女性用とか男性用などの表現もどうなるのでしょうか。でも、このよえな場合は誰も文句を言わないのです・

 

もうこうなると日本語を滅茶苦茶にすることですね。。

 

このような傾向は男女の区別を意識的に否定してるとも考えられるのです。

 

たとえば、最近の報告によると、
日本の平成29年度の女性管理職は10.9%と発表されましたが、欧米諸国と比較するとおよそ1/3で、アジア各国の割合と比較しても圧倒的に少ないことが分かります。
 日本政府は「女性管理職を2020年に30%を目標」としていますが、まだ程遠いのです。

 

 

(April 2024) あるサイトに以下のような記事があり、そのタイトルには「看護師を看護婦と呼んではいけない」とありましたが、読んでみると男と女との関係を意識しないために、と理解できるのですが、これは病院という特殊な環境下では相手を女性として意識するのではなく同僚として認識すべきだから、と理解できるのです。 でも、このような解釈を別な角度から見ると、相手を女性として認識しないために看護婦とは言わないとの理屈なのです。 これはこれはまさに屁理屈だと思うのです。つまり、日本語として相手が女性であることを認識させる表現は駄目というのが根底にあるのです。 https://rich-v01.bluewin.ch/cp/ps/main/richui/main_swisscom#mail もうこうなると、「家の女房」なんて言えませんね。

 

 

 

 

 

 

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »