« 日露戦争のときのエピソゥド | トップページ | ぜひ読んでほしいのです。 »

2023年9月24日 (日)

大学卒の経歴

あるサイトの記事にいかのような記述がありした。 大学なんて、電話帳に載っていればどこでもいい。要は入ってから何をするかだ!」  「アメリカへ行ってみろ! 経歴の話で盛り上がるのは日本人だけだぞ!」 まさにその通りなのですが、日本ではどこの大学を卒業したかがかならず優先されるのです、その典型的な例としては政治の分野でも、新しい閣僚の発表のときには、かならず、どこそこの大学卒と明記されているのです。 例えば、・大学・非常勤講師、なんていうのはどのような意味があるのでしょうか。 しかし、欧州でも、その反対にDr. Prof.のようなタイトルは政治家のような場合でも必ず明記されるのが普通なのです。しかし、日本では多くの場合その逆なのです。 でも、どうして日本ではその逆なのでしょうか。 私の場合でももう何十年とスイスでの会社員生活していましたが、どこの大学を卒業したのかなんて聞かれたことは一度もないのです。 、

« 日露戦争のときのエピソゥド | トップページ | ぜひ読んでほしいのです。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日露戦争のときのエピソゥド | トップページ | ぜひ読んでほしいのです。 »