« 予防医学の必要性 | トップページ | 日露戦争のときのエピソゥド »

2023年8月28日 (月)

苗字雑感

人の名前はじつにいろろいとあり、国によってはその背景も異なるのです。 例えば、日本人の姓名で一番多いものの一つに「鈴木」があります。 この鈴木という名はある意味では便利なときもあります。ともかく、自動車の名前、があります。 私が1967年にスイスに来た当時、ある時、日本からハガキが来たのですが、そのハガキには宛名書きのところにSuzuki,  Basel、Switzerlandの三字で問題なく配布されてきたのです。 そのほかにも、豊田というな名前、とくに自動車のToyotaは世界的にもよく知られています。 このToyotaという自動車のなまえに関しての笑い話があります。 アメリカのトランプ大統領が、ある時、中近東の政争で現地の戦争に際して、砂漠の上を反乱軍たちがバンに乗って走るテレビを観ていて、それらのバンの後ろの部分に大きくTOYOTAと書かれてあるのをみて、「どうして、TOYOTAは反乱軍を援助しているのか」と質問したそうです。 つまり、トヨタのバンは中古車でも性能が依然として抜群で、砂漠の上を自由に走れることを知らなかったのです。 そのほかにも、日本人の姓名にはいろいろなみのがあり、その数は何千となるかもしれません。 似たような例は欧州の人達の名前にもあります。 最近の新聞にスイスで一番多い姓名はMuellerとのことです。 その順番を列挙すると以下のようになります。 1. Mueller 2. Meier 3. Schmid 4. Keller 5. Weber 6. Schneider 7. Huber 8. Meyer 9. Steiner 10. da Silva そのほかにも、欧州の人達の姓名にはとんでもないものも数多くあります。 f

« 予防医学の必要性 | トップページ | 日露戦争のときのエピソゥド »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 予防医学の必要性 | トップページ | 日露戦争のときのエピソゥド »