« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年10月の記事

2022年10月 3日 (月)

男性のズボンがジ-ンズ化されつつある

男性のズボンがジ-ンズ化されつつある

男性が使用するズボン、の問題点を考えたことがありますか。
まず、第一に、なぜズボン、と言うのでしょうか。字引的にはフランス語のJuponに起因するとのことです。

それよりも、このズボンのサイズが少しずつ変化しているのに気か付く人は意外に少ないようです。
問題は、このズボンの股上の長さなのです。つまり、現在の男性用のズボンの前開きの部分は現在は全てチャックが使われていますが、問題はその部分、つまり股上の長さ、が意外と往時のものと比べて短くなっていて、極端な場合にはジ-ンズのそれと殆ど同じくらいになっているのです。

さの結果として、男性が小便をする時には前のジンズを下げて、ペニスを取り出すのですが、現代のジンズなみに股上が極めて短いとそれを取り出すのが極めて不便になるので、最近の若い人はズボンを下に下げるために個室に入らなければないのです。

最悪なのは中年の男性でかなり太っている人はお腹が前に大きく出っているので、ジンズ並みのズボンをはいているとズボンのバンドの部分が出腹の下になってしまい、極めて見た目が最悪になるのです。
所が、最近のズボン売り場でこの股上(チャックの下の部分からズボンのバンドの上までの長さ)が25cm前後のものを探すのはかなり難しくなりつつあるのです。

特に意外と知られていないのは SUSHI,つまり、Selbst-Unfall-Skinny-Hose-Insufficienz,という障害が起こる可能性があるとのことです。
<

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »