« 中国の領海戦術 | トップページ | 医薬分業から医療分業へ »

2020年9月12日 (土)

「底上げ製品」は健在

昔から存在している「底上げ製品」、つまり綺麗な箱などに入っているヶ-キやお菓子など、外見からはかなりの量が入っているものとの錯覚から購入してみると、実際にはその製品の下が「挙げ底」になっていて、がっかりすることもあるのは稀ではないかもしれません。

最近になって、似たような「挙げ底」概念の製品を見つけました。

それはトイレト・ペイパ―なのです。普通のトイレットペーパーには一定の長さに切筋が入っていて切り取りに便利なのですが、問題はその切筋の入っている紙の部分の長さなのです。その長さが二センチほど長い製品では製品全体の消費量が大きくなり、新しいトイレットペーパーをすぐに入れ替えなければなるからです。

 

 

 

 

 

 

« 中国の領海戦術 | トップページ | 医薬分業から医療分業へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国の領海戦術 | トップページ | 医薬分業から医療分業へ »