« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月の記事

2018年8月27日 (月)

ドアは内開きが基本なのですが・・・

ドアは内開きが基本なのですが・・・

今年は西日本の洪水悲劇をはじめとして突然の洪水による被害が多発しています。特に、突然の大洪水で家の中に閉じ込められて死亡する例もかなりあったかもしれませんが、家屋自体が破壊されていたりしてその死亡状況の実態は多くの場合不明なのです。
ここで考えられる死亡に至る原因の一つにドアが突然の大洪水の侵入で外開きのドアの為に外部からの突然の水圧により内側から外に出られずに、水死した場合もあるはずですが、何しろ建物自体が崩壊してしまったているのでそのような状態にあったかどうかの認識は不可能なのです。
そこで考えられることは、もしドアが内開きだったら、もしかしたら部屋から外に出られたかもしれないということなのです。

ここで考えられるのはドアは日本ではほとんどの場合か、無意識に、外開きなのです。その典型例は、入り口のドアとかトイレのドアなどが例外なしに外開きなのです。たしかに、日本の場合には本来の部屋や場所を100%有効に使うためには外開きであることが必要なのです。従って、日本の建物の中でのドアは殆どが外開きなのです。
ではなぜドアには外開きと内開きがあるのかを歴史的に、そして理論的に考察してみました。

 近年はなぜか世界各国で集中豪雨による洪水現象が頻繁にみられています。しかもその被害の規模は今までに想像できなかったものであり、死者が多くでているのが特徴となっています。地球温暖化の影響とか環境の激変などがその原因として報じられています。
                               
 過去において日本でも同じような犠牲者が出ていました。たとえば、そのひとつに地下洪水で東京と福岡で二人が突然の大量の雨水の侵入で水死している悲劇が報告されていました。東京での場合(1999.07.21)には、男性が自宅の地下室に居てドア-が突然侵入してくる水圧で開かなくなり水死しています。また、それと前後して博多駅前のホテルでも突然の浸水でひとりの従業員が地下に閉じ込められ、殺到する水で押し開きのドア-が水圧で開くことができなくなり非常用のはしごを使って間一髪で脱出することができたことが報道されていました。たしかに、外開きのドア-の外側に水が急激に押し寄せてきた場合には、とてもそう簡単にはドア-を押し開く事はできません。いや、ほとんど不可能に近いのです。専門家の話しでは、幅1.5メ-トルのドア-に約50センチの水位で水が押し寄せてきた場合、そのドア-全体に約190キロの水圧がかかると計算されています。そうなるととても普通の人間ではそのようなドア-を押し開くことは不可能になります。ちょうど普通の人が小錦関とか曙関を相手にしているようなもので、とても勝ち目はありません。これらの問題に関連して、建設省などが地下洪水についての緊急対策をまとめていることが報道されていましたが、結果的には現在どのような対策が取られているのかは分かりません。。

 ここで問題なのは地下室の扉が(中に居る人からみて)外開きで突然押し寄せてきた水圧のため、中から開けることができなくなり水死していることです。しかし、行政の緊急対策にはこの外開きドア-についてはなんらのコメントもなされていないようでした。ここで改めて私たちの日常生活範囲をよく観察してみますと、この外開きドア-方式は日本ではごく当たり前のものであり、内部から外に出るときのドア-は日本では全部外開きなのに気がつきます。典型的な例はマンション、アパ-トのドア-の設置構造をみれば一目瞭然です。つまり、玄関のドア-は外部の廊下に向けて開く外開きですし、室内のトイレのドア-もトイレから出る時にはトイレの中から外に向けて開ける、つまり外開き、押し開き式になっています。すなわち人が居る部屋から外に出る時は日本ではドア-は必ず外
に向けて押し開く構造になっています。でも例外はどこの世界にもあるもので、なぜか日本の空港などのトイレのドア-は内開きになっています。もっとも、公衆トイレの場合には外開きだと狭いトイレの中に人が込み入っている時には待っている人にドアがぶつかる可能性があるので内開きになっているのです。

 ところが不思議なことにヨ-ロッパではドア-は内開きが常識になっています。玄関のドア-は必ず部屋の内部に向かって開くようになっています。(テレビで外国番組のシ-ンを注意して観察してみてください。)ホテルでも部屋から廊下に出る入り口のドア-はかならず内開きです。(ただ、例外的に日本の多くのホテルでは部屋の入口だけはドア-はヨ-ロッパ同様に内開きのようです。) もちろん、普通の家屋の部屋の中にある浴室などのドア-も浴室内部にドア-は開くようになっています。ところが、日本では内部の浴室のドア-は多くの場合外開きになっています。これは明らかに浴室の広さに関係があります。特にビジネスホテルのような場合には部屋そのものが小さく、効率よく面積を使う為にはそのようなドア-は必ず外開きになっています。このほうが狭い空間を最大限有効に使うことができるからです。

 ですから、前記の洪水の場合でも、東京での地下室のドア-がもし内開きであったならばその男性は或いは助かっていたかもしれません。すくなくとも、ドア-を開けること自体には問題がなかったはずです。むしろ逆に水圧でドア-が自然に破壊されていたかもしれません。そうなれば、外に逃げ出すことができる余裕があったかもしれません。これがヨ-ロッパでしたら当然そのような地下室のドア-は内開きになっています。ただし、スイスのように各家屋、マンションの地下に法律で義務付けられている防空壕のとてつもない厚いコンクリ-トのドア-(厚さ約20センチ)は例外的に外開きになっています。しかし、よく考えるとこの開き方ははっきりと爆風に耐えられるとの目的で意図的にそのようになっているのです。意図的と言えば、スイスの化学企業内では爆発の危険性があるよ
うな実験室のドア-は例外的に外開きになっています。つまり、万が一爆発事故が起きてもドア-が簡単に爆風によって壊されて爆風圧を分散させる効果の役割をしていることになります。そのほかマンションなどの入り口は外開きになっている場合が殆どです。これは火災とか地震なとのような場合にそのマンションに住んでいる住民が一斉に外に出る場合を想定し、意図的に外開きになっています。つまり、合目的に造られているのです。
               
 では、なぜ日本ではこれほどまでにほとんど例外なくドア-がすべて外開きになってしまっているのでしょうか。昔の日本家屋では周知のようにすべてのドア-は障子などにみられる引き戸でした。引き戸といえば、ヨ-ロッパの中の島国である英国の従来の家屋の窓はヨ-ロッパ大陸とは異なり、上下方向に上げ下げする窓になっているのも面白い現象です。つまり日本と英国とでは窓は左右、上下と方向は異なりますが原理は同じなのです。

 ところが近代建築としていわゆる洋式建築が導入され、戦後はアパ-ト、マンションが急速に普及しはじめ、そこには当然従来の引き戸方式からドア-方式が採用されるようになりました。ところが、日本のアパ-ト、マンションでは部屋単位面積が狭いため、できるだけ部屋の面積を有効的にしかも最大限に利用できるために、すべてのドア-は外開きにされたようです。たしかに小さな室内面積を最大限に利用するという点に関しては、このようなドア-のほうが内開きのドア-よりもきわめて効率的です。たとえば、日本のマンションの玄関のドア-がもし内開きですと、靴脱ぎ場の利用面積が極端に制限されてしまいます。トイレのドア-も内開きにするとトイレ内部の面積をより広くする必要があります。ですから、どうしても日本では外開きドア-を採用しなくてはならなかったのかも
しれません。つまり、日本ではドア-方式が近年急速に採用されたためドア-本来の目的から離れて実用的な見地から外国のドア-開閉方式とは正反対の外開きが採用されたのかもしれません。日本のマンションのような構造では入口のドア-が外開きですので、訪問者にとっては注意しないとドア-が突然開かれる時にドア-にぶつかる可能性があるので不注意にドア-の前に立つことはできません。これがホテルの場合には、もしすべての部屋の入口のドア-が日本の家屋のように外開きでしたら、うっかり廊下を歩くことができなくなります。いつドア-が突然開かれるとも限らないからです。このような見地から日本のホテルの多くは例外的にヨ-ロッパ式にして入り口のドア-は内開きになっているようです。

 ところで、ドア-本来の目的はなんなのでしょうか。その解釈にはいろいろあると思われますが、歴史的にはやはりその第一は外敵を防ぐための防御にあったようです。もちろん、北国では寒さを防ぐ役割を兼ねていたかもしれません。しかし、人間の防御本能から当然の結果として内開きになった歴史があるものと推測されます。よく、海外のアクション映画または西部劇のテレビとか映画のなかで悪漢が入り口のドア-を蹴破って中に突入するシ-ンがあります。中からは必死にドア-の内側に支え棒とか家具などでドア-が押し開かれるのを懸命になって防いでいるシ-ンはおなじみになっています。ところがこれが日本式の外開きドア-では内部から防御をするすべはまったくありません。錠前がこわされればそれでおしまいです。日本式の外開きドア-ではあのようなシ-ンを撮影するこ
とはかなりの無理があります。ましてや、体重の軽い日本人にはそのような外開きドア-を押し破って中に侵入することは不可能です。

 このような歴史的背景から海外の建物でのドア-が常に内開きになっているわけです。本来、ヨ-ロッパのような内開きドア-のほうが外から無理に押し入るのを防ぐということに関しては有利かもしれません。即ち、内部にいる人達にとって、安全という意味ではドア-が内開きのほうがはるかに防御に適しているのです。このような観点から西部劇に良くみられる砦の入口も内開きになっています。

 日本のマンションなどのように外開きドア-ですと、たとえ安全チェ-ンがかかっていてもいったん少し開けてしまえば簡単に侵入を許してしまいます。そのような状況下では開かれようとするドア-を内部から抑えることができないからです。もっとも安全と水は只という概念にどっぷり漬かっている日本ではそのようなドア-本来の目的に配慮する必要はあまりないのかもしれません。

 いっぽうこのような内開きドア-のお蔭で助かった例があります。たとえば、かって、全日空機(外国製)がハイジャックされて機長が殺害された機内で、最後の瞬間に副操縦士が客室側からドア-を押し破り操縦室に簡単に飛び込むことができ、ハイジャッカ-を押し捕らえて飛行を安全に続けることができたと報道されていました。この場合、簡単にドア-を押し破ることができたのは操縦室のドア-が内開きであったからだと思います。もし、これが日本の家屋のように外開きだったらいくら副操縦士が体当たりしてもそう簡単にはドア-は破れず、仮に押し入ることができたとしてもかなりの時間を要したはずです。
この場合、内部からはドア-が押し破られないような策がなにもなされていなかったのも幸いしています。もっとも、航空機の場合は機種によっては外開きになっているものもあります。この場合、やはり操縦室の狭い小型機では外開きになっています。

 つまり、ドア-ひとつにもやはり歴史的な背景がおおいに影響しているようです。海外の内開きドア-はあくまでも防御という概念が無意識に存在するという歴史的背景があります。このように考えてみますと、外開きドア-はさあいらっしゃい、という無防備状態であることを間接に第三者に示しているものとも理解することもできるかもしれません。

 その逆にヨ-ロッパなどでは外のものを中にいれることに対しては意外と可なりの抵抗感が現在でもあります。ドア-に付属するものに鍵がありますが、このドア-と鍵はかならず一体となっているのが常識です。ところが典型的な日本の家屋での障子、襖などには全く鍵はありません。著者が子供の頃は都会での家屋の玄関戸の鍵は夜になって最後にかけるものであって、出入りのたんびにいちいち鍵はかけませんでした。今でも農村では日中は家の鍵をかけない場合が普通ではないのでしょうか。現在の感覚から言えば、さあ皆さん入っていしらっしゃいということを間接に公開しているようなものです。

 日本では常識になっているアパ-ト、マンションにみられる外開きドア-の建築方式の是非をこの機会に改めて根本的に見直してはどうなのでしょうか。そうすることは間接的に現在の日本の狭い住宅環境を今一度見直して、少しは広い部屋のある家屋構造に改善するよい機会になるかもしれません。しかし、忘れてはならないことは機能的、実用的という見地からみたとき、日本古来の引き戸式ドア-ほど最高なものはありません。ヨ-ロッパでも新しいマンションのキッチンなどのドア-は日本式の引き戸式ドア-が採用され始めています。すくなくともマンションなどの室内すべてのドア-が日本式になったらかなり便利になると思われます。もしかすると、このような機能的・実用的な日本古来の引き戸ドア-が海外で見直され、それが日本に逆輸入されるまで待たなけれぱならないのかも
しれません。ここにも外開き文化が影響しているのかもしれません。

 それにしても最近の温暖化現象、環境の変化などに関連して週刊誌などでもこの点に焦点を当てた記事も散見されます。たとえば、もし東京にかっての東海豪雨482 ミリ/ 日が降って、荒川が大決壊したならば地下鉄内を濁流が走り、東京の下町は四メ-トルの水の底になるとのシミュレ-ションが報じられていました。もし、本当にそのような事態になったとすると、ドア-が外開きの日本の建物内では予想以上の悲劇が起きるかもしれません。そうなると単なる文化・社会習慣の相違だけではすまされなくなります。とすると、今からそのような観点からのドア-のあり方を至急検討、改善する必要があるかもしれません。.

でも、最近の洪水に関連して知らされていることは建築基準法では多数の人々を収容する施設(映画館とか百貨店とか)は外開きになっているとのことです。ただ、これは入り口に関連していると考えられ、確かに正解なのです。しかし、室内とか地下室などは内開きにすべきなのです。もっとも、建築基準法はあっても、水害対策法のような法律はないでしょうか。

2018年8月 5日 (日)

2020年に読む本、記事

ジョジ・ソロスの「2020年、世界大恐怖」という本がアマゾンでの売り上げが第一位とか。

いずれにしても、2020年はあと一年半後ですのでその結果が楽しみです。椅子せれにしてもこの種の予測本とか予測記事はゴマンとあるのですが、それらの予測がその後どのような結末になったのかと言う調査は誰も関心がないようです。

ちなみにアマゾンで検索すると

「マンション崩壊 あなたの街が廃墟になる日 Kindle版」のような本もあります。

そのほかにも、以下のよぇなきじもあります。

「2022年までに日本経済が苦境に立つ可能性について解説したい。アベノミクスの終焉もしくは少しの変動があれば、途端に深刻な不況に突入しかねない危うさがある。(『未来を見る!ヤスの備忘録連動メルマガ』高島康司)」


その他にも以下のような情報があります。
経産官僚として7年半のキャリアを積んだ後、同省を離れて外部から日本の政治をウオッチする立場に転じて5年半。新刊『逃げられない世代』で、著者の宇佐美典也(うさみ・のりや)氏が描き出すのは、あらゆる問題を先送りしてきた日本の限界だ。種々のデータを基に日本の破綻を「2036年」と算出。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »