« 「わが闘争」と「日本人慰安婦」との間には共通性がある | トップページ | 日本人は「ニホンジン」なのです »

2017年5月30日 (火)

あなたは「ニッポン人」派、それとも「ニホン人」派??

あなたは「ニッポン人」派、それとも「ニホン人」派??

 

カタカナ表記の複雑性

 

現在の日本語にはかなりのカタカナ表記が氾濫していますが、誰もその妥当性については関心を持っていないようです。カタカナ表記の場合、その表記は殆どが英語に由来するのですが、場合によっては必ずしもそうでないこともあるのです。

 

例えば、外国通貨は「ドル」であり英語読みの「ダラ-」dollarではないのです。

 

その他にも「オペラ」は英語の0per、つまり「オ-バ-」なのです。なぜなのでしょうか。

 

このほかにもいろいろと似たような例は日常表現としてカタカナ表記が沢山あるのです。

 

このような観点から、カタカナ表記の妥当性を考えると、意外と日本語の場合にもあてはまることがあるのです。例えば、日本の通貨、「円」はカタカナ発音ではほとんどの人が「エン」だとおもうのですが、これは正式にはYen、つまり「イェン」なのです。また、日本は正式なのは「ニッポン」なのですが、私は普段何気なく「二ホン」と発音しています。ところが、ここで正式にと言ったのは日本のお札にはNippon, Yenと印刷されているのです。つまり、Nihon, Enではないのです。

 

でも、こうなると銀座の真ん中にある「日本橋」は「ニホンバシ」ではなく、「ニッポンバシ」になるのでしょうか。

 

似たような問題は「」外人」と「外国人」との使い分けにもあります。もっとも、この場合はカタカナ表記とは関係ないのですが、その使い分けがなんとなく区別されているのではないでしょうか。つまり、「がいじん」は欧米人を念頭においており、そして「がいこくじん」はそれ以外の人たちを無意識に理解しているのではないでしょうか。例えば、東南アジアの人たちに対しては「外国人」が使われ、「外人」は使わないのではないでしょうか。

 

 

 

« 「わが闘争」と「日本人慰安婦」との間には共通性がある | トップページ | 日本人は「ニホンジン」なのです »

言語関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あなたは「ニッポン人」派、それとも「ニホン人」派??:

« 「わが闘争」と「日本人慰安婦」との間には共通性がある | トップページ | 日本人は「ニホンジン」なのです »