« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の記事

2013年4月29日 (月)

「ショウカツ」の勧め

「ショウカツ」の勧め

「ルイカツ」、「ショウカツ」、「トンカツ」ってどういう意味が解りますか。

最近になって「涙活」ルイカツ、なる表現が現れ、その目的のための集まりがあるとか。つまり、いろいろな人たちと一緒になって朗読とか映画鑑賞などを通じてお互いに涙を流すのだそうです。つまり、涙を流す活動、の略なのです。専門家の話では泣くことは脳ストレスの解消に効果的とか。しかし、特別な環境を除けば人前で泣くこと自体に抵抗感はないのでしょうか。つまり、感傷に浸り、涙を流すことは人の感情の中の陰の部分であり、涙を流すことはやはり一人ですることが普通だと思うのです。また、加齢に伴い涙もろくなることもあります。そのほかにもたとえば東日本大震災の写真をみたり記事を読むと自然に涙が出てきますが、この場合には脳ストレスとは関係がないのです。

いっぽう、よく言われている笑いの効用があります。これこそいろいろな人たちと一緒に笑えばストレス解消に貢献でき、文字通り感情の陽の部分になります。よく女性群とか若い人たちが大声で笑っているのを耳にすると自分もなんだかそのような雰囲気になり、笑いの効用は第三者にまで及ぼすこともしばしばあります。

笑いをもたらす手段としては古典的には落語がありますが、若い人はあまり興味がないようですし、あまり落語そのものの活動は冴えません。つまり、落語そのものはメガ老人層の娯楽にしか捉えられておらず、ほとんど日常生活に密着していません。でも、この落語というのは誰でも笑えるもっとも手ごろな手段なのですが、古典的な印象が強いためあまり人気はありません。できれば健康面から落語をさらに何らかの形で発展させるような工夫が必要かもしれません。落語を聞くためには寄席に行くしか方法がありませんが、今後は何らかの形で寄席という固定環境から外に出ていく発想、工夫が必要だと思います。

笑いに関しては日本笑い学会、笑いと健康学会などがあり各地でいろいろな催しをしていますし、国際的には国際ユーモア研究学会などがあります。医学的にも笑いはストレス解消、免疫機能向上,肺内ガス交換促進、横隔膜運動の加速、顔面筋肉を刺激(顔に若さを取り戻す)、食後血糖値上昇の抑制、など良いことだらけです。笑いのない生活を続けると人生は楽しくなりません。今後は「笑活」「ショウカツ」をいろいろな形で大いに進めたいものです。つまり、笑いは涙を流すよりもより健康的であり、心理的にもおおきなプラス面があります。

しかし、一人暮らしではこの笑いが消えてしまいます。また、高齢者施設ではほとんど笑いが見られません。そのような状況下では本当は笑いの積極的な導入が必要なのですが、あまりそのような観点からの工夫はなされていないようです。

では最後のトンカツはどのような意味があるのでしょうか。その意味は「トンデモナイ活動」の略なのです。(o^-^o)(笑)

2013年4月28日 (日)

靖国神社参拝はそれほど重要か ?

靖国神社参拝はそれほど重要か ?

今年も閣僚の靖国神社参拝で中国、韓国を刺激している。この靖国神社参拝に関し阿部首相は「尊い英霊に尊崇の念を表するのは当たり前」と言明している。でも彼は本当に心底からそのように思っているのだろうか。隣人を怒らせてまでそのような行為を続ける意義がどれくらいあるのだろうか。本当に心底からそのように考えているのならなにも特別な日だけ参拝するのではなく毎月参拝すればよいのではないか。

このことに関連して、安倍晋三首相は4月14日に、大東亜戦争の激戦地・硫黄島を訪れ、戦死した日本兵の遺骨収容作業の現場をやっと今頃になって視察し、記者団に「官邸がリーダーシップをとり遺骨帰還事業を着実に進めたい」と述べ、政府による遺骨帰還作業の加速を表明している。しかし、これはどう考えても今回の靖国神社参拝を前提にしたパッフォマンスとしか考えられない。

硫黄島以外でも海外での戦没者115万余柱の遺骨が未だ野ざらしにされていると言われている。政府はいまだにこのよう状態に目をそむけてきていたので、とても「尊い英霊に尊崇の念を表する」との言明は政治表現にしか過ぎないと考えられる。

この際、当分は靖国神社のことは棚に上げて隣人との友好に専念し、さらに海外での戦没者の母国帰還に専念してはどうだろうか。阿部首相が本当に尊い英霊に尊崇の念を持っているのなら、母国に無事に戻り、靖国神社に祭られている人以外にも未だ多くの未帰還者がいることを忘れてはならない。

更に極論になるかもしれないが、長年にわたる中国侵攻により犠牲になった中国人をも念頭に置いた行為を行って初めて靖国参拝の大義名分が成り立つとは考えられないのだろうか。このような行為だけで現在の日中関係は著しく好転するのだが、日本の政治家にはそのような国際的なパッホウマンスを期待するのはまず不可能でしょう。

2013年4月23日 (火)

フランス語会話を始めたい人に

フランス語会話を始めたい人に

  フランス語の基礎的な知識はあるものの会話はできないが、フランス語会話を勉強したい人にとってお勧めのDVDがあります。
Mireille Mathieu - Live im Olympia [2 DVDs]

ただこのDVDは日本では発売されていないと思います。少なくともアマゾンで調べてもこのDVDは見つかりませんが、Amazon Deでは購入できます。したがって、タイトルもドイツ語ですがオリジナルはフランス語でドイツ語のサブタイトルを観ることもできます。私が調べた範囲内ではAmazon UKにはないようです。彼女のシャンソンはほとんどがCDですのでDVDは意外と手に入らないのかもしれません。

このDVDは二枚一組になっていて、最初の一枚目はMireille Mathieuへのインタビュとなっています。なぜこのDVDを取り上げたかと言いますと、まず第一にMireille Mathieuのフランス語が極めて明確であり、慣れてくればほとんどの会話を聞き取れるのです。したがって、このインタビュ-版を毎日何回となく聞いていると自然にいろいろな単語が頭に入り、しかも彼女の発音が極めて明瞭であるので、その発音を真似することにより自分の発音もよくなります。

これはDVDですので当然のことながら彼女を含めていろいろなひとたちが画面に現れます。ただ私の経験ではしばらく画面に慣れてきたら、次に画面を視ずに会話だけに専念することにより、一層発音、単語が頭に入ります。不思議なもので、聴覚と視覚の二つが同時に脳に入力される時よりも聴覚だけのほうが彼女の発音が極めて明快に聞こえてくることです。やはりそれだけ自然に会話に集中できるからなのでしょう。

そのほかにもYoutubeでフランス語で検索するといろいろなレッスンの要約がみられます。これらを何回となく利用すれば無料である程度の会話力が付くと思います。例えば、最近ではYoutubeでカラオケ調のものがあり、歌手と一緒に画面に出てくる歌詞を口ずさむことも出来るようになっています。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=kTJDdRdqSlk

2013年4月18日 (木)

あなたは英会話の勉強は諦めたほうがよいかも (***)

あなたは英会話の勉強は諦めたほうがよいかも

 

「授業は英語で行うことを基本とする」という新学習指導要領が、今年度から高校で実施とのことで現場での当惑が報じられています。もしかしたらそのうち小学校、あるいは大学での英語教育も同じようになるのかもしれません。そして最終的には大学の授業はすべて英語にとなるかもしれません。現に一部の大学ではすべての授業を英語でしているとか。

 

でも、どうして日本人はこうも英語に対してコンプレックスを感じているのでしょうか。そこには語学学習、いゃ、正確には外国語習得、の基本を全く理解していないからです。ここであえて語学学習としない理由は、語学としての外国語勉強は文法から始まって、英文学、翻訳技術、会話技術など極めて幅が広いものとの理解から、単に外国語を自由に日常生活のなかで使いこなせるという意味とを区別して外国語学習としています。

 

たしかに、従来の学校での語学教育の目的は、読めること、次いでもし可能であれば書けることに専念していましたので、話すことは忘却の彼方に追いやられていました。往時は日本人が英語で話す機会、あるいは英語で聞かれるような機会は皆無に近かったので、誰も英会話を真剣に習うことは少なかったわけです。戦後間もなくの「カムカム英会話」の流行もいつの間にか消えてしまい何らの成果ももたらさなかったのは実際に英語を話す機会がなかったからです。当時は日本に進駐していたアメリカ人との接触で日常的な会話、例えばHow are you ?くらいのことは言えたかもしれませんが、それ以上には日本人の英会話能力は向上しませんでした。

 

このHow are you ? 会話に関連し逸話があります。日本の森元首相が初めてのアメリカ訪問に際してクリントン大統領との会談に際し、少なくとも初めの挨拶ぐらいは英語でということで、How are you ? とクリントンに言えば、彼はI am fine, and you ?と答えるので、その時にはMe too. と言ってください。それ以降は私たちが通訳しますからと側近に言われ、アメリカに出かけたのですが、いざクリントン大統領に会った時に、Who are you ?と間違って言ってしまい、その時にクリントン大統領が真面目に I am Clinton.と返事したので、森元首相は出発前に教えられたとおりMe too.と答えたとか。こうなるとまるで漫才みたいです。似たような英語に関する笑い話的実話はたくさんあるのです。

 

ある商社の社長が商談で米国に行ったときに、その社長は英語ができないので日本語でスピーチし、部下が訳し、最後の締めくくりくらいは英語で、と思ったのか、その社長がわざわざ英語で「One please」と言って終えたそうですが、その意味がわからなかった部下が後で社長に聞くと、得意げに「きみ、分からんのか。ひとつ、よろしく、だよ」と言ったそうです。まさに森元首相と同じような逸話です。いずれの場合も笑い話の傑作かもしれません。。

 

しかし、今日のような国際社会では海外に出れば少なくとも英語が話せることの必要性が高まっているのはよくわかります。しかし、問題はそのような英語を話さなければならない機会が日本人全体の中で一体どのくらい居るのでしょうか。日本のように島国ではそのような環境は極めて限定されているのです。まさか海外旅行での英会話の必要性のために高校での英語による英語教育が導入されたわけではないのです。そこには理想的な姿、つまり海外に出かけて国際的な活動をするためには最低限英語が話せなければならないとの高尚な理念があるからです。確かにこのような理論はまさに正解なのですが、そこに隠されている重大な欠陥には全く触れていないのが問題なのです。確かに英語で外国人と自由に意見の項が出来ることが大事であることはわかります。

 

しかし、語学というよりは外国語を勉強することは狭義的には何の目的でするのかとの認識が必要です。一般的には外国語を勉強することの根底にあるのはその言葉で相手と話したり、交信したりなど、お互いにコミュニケ-ションが出来ることなのです。

 

なお、繰り返しになりますが、私はここであえて外国語と表現し、語学とは書かないのは知識、教養としての言葉としての語学と、日常会話的に使える実用的な言葉としての外国語とを意識的に区別しているからです。本来ならそのような区分けは無意味なのですが、日本という島国に住んでいる日本人にはあえてそのような微妙な相違を意識したのです。ところが、日本では語学の勉強イコール外国語の勉強と捉え、その結果、英語の授業は英語となるのです。

 

言葉の基本は最初に話せること、ついで読めること、そして最後に書けることが基本原理なので、子供の成長を見ればそのことは明白なのです。幼児が最初に覚えるのは話すことなのです。ですから母国語という表現は文字通り母親から言葉を学ぶからです。この話すということに関して「アメリカの子供はどのようにして英語を話すようになるか」のようなタイトルの本が出版されていましたが、このような本を書くこと自体がナンセンスなのですが、日本では誰もがそのような本に飛びつくのです。

 

従前は日本人の場合にはその逆で読めることから書けることに終わっていたのです。つまり最初の出発点である話せることは完全に無視されていたのです。語学の勉強ならそれでもよかったのですが、外国語の勉強となると今までのような考えでは誰も話せないからです。これに似たような状況は、昔は学校で漢文を習ったので、漢字を使って中国人と筆談することはある程度は可能なのです。もっとも、現在の学校教育には漢文の授業は全くなく、また現在の中国語はかなり省略形が大きくて昔の漢文での筆談はやや困難ですが、それでも、時として理解してもらえるのです。

 

でも、いったい何のために外国語を勉強するのかという基本を考えてみる必要があります。ほとんどの人はこの問いに対して外国人とのコミュニケーションをスムースにするためとの答えが返ってくると思うのです。でも考えてみてください。島国日本で英語で話すような機会が一般の人たちにどれほどあるかということです。おそらく識者は、日本人が海外で活躍するには英語は大事だから若い時から英語、とくに会話能力を身につけることも大切であるとの模範解答が返ってきます。

 

そのほかにも韓国人や中国人のほうがはるかに英語が話せますよ、だから日本人も英会話を一生懸命勉強すべきなのです、との発想から今回の学習指導になったものと考えられます。

 

でも、ちょっと待ってください、日本語の会話、対話が日常的にスムースにできない日本人、とくに男性がいくら勉強しても英語で話すことは困難なのです。日本語の会話、対話があまり出来ない「むっつり屋」の典型的な日本の男性はいくら英会話を勉強しても結果は同じで、相手と英語で話すことは極めて困難、いや無理なのです。それとも日本語での会話が下手で、ほとんど話さないような人でも英語になるとペラペラ話せるとでも考えているのでしょうか。それと対照的なのは、最近の日本で、ケイタイからスマトフォンに進化し、その結果として、しゃべらなくなっているのに気がつきます。まさに、「無言便秘症」に全員がかかっているようです。ですから、数年前とくらべると日本に行くと社会がとたんにしゃべらなくなってきわめて静かになっているのに気がつきます。そこに見られるのはひたすら無言でケイタイ、スマトフォンに向かって短略会話文章を打ち込む日本人、特に若者の増加に気が付くことです。そのような「簡略無言会話」に慣れた「黙々民族」がいくら英語を勉強しても「論理有言会話」を旨とする英語で話をすることは今後ますます不可能になっていくのです。

 

それ以外にも韓国人、中国人は日本人に比べて男性も含めてうるさいほど話すのです。つまり、彼らの自国語でペラペラと普段から話せる人は外国でも話そうとする努力をするのです。このような国民特性を無視して、ただ結果的に韓国人や中国人と比較しても意味がないのです。

 

同じ日本人でも、男性と女性を比較してみてください。日本の男性は心の会話はできても言葉での会話は極めて苦手なのです。一般的に女性同士ではよく話す、いやしゃべるのです。漢字で女が三つ一緒になると「姦しい」となるのもうなずけます。外国語の同時通訳者に女性が圧倒的に多いのはそれなりの理由があるのです。

 

それに反して典型的な日本人男性は思っていたことも言葉に表すのが実に下手なのです。家庭内での夫婦の会話をとっても旦那はあまりしゃべりません。かって言われていたことに、男性の家庭内での会話は「メシ、新聞、風呂」で問題がないと言われていたのです。心で思っていても言葉で表すことは極めて苦手なのです。そのような男性がいくら英会話を勉強してもとても英語で話せるわけがないのです。

 

外国語学習、とくに会話能力というのは表現力、必要度の二大要因が大切なのです。島国日本で育って海外に出たこともない人、とくに男性がいくら英会話を勉強しても使い物にならないのです。その逆に会社などで、ある日突然に上司に外国人が来たり、海外出向を命じられると否が応でもその国の言葉、会話力をマスターしなくてはなりません。つまり、そのような必要度は学習能力推進源となるのです。もっとも、それでも「むっつり屋」専門の日本人男性は最低限の発言しかしない、いや出来ないのです。海外での国際学会などでも日本人男性参加者はまず進んで発言することは皆無なのです。

 

ではこのような環境をどうすれば改善できるのか。それにはともかく学校教育の中で日本語での会話、対話能力を向上させる機会を作ることです。昔は中学、高校などに弁論部がありましたが、今はどうなのでしょうか。一つの対策として、中学校から議論・討論の教科を導入することから始めるのが先決です。

 

会社でも会議などでの社員の発言能力、もちろん日本語会話、対話を引き上げるような環境作りをすることです。日本の会社内でも会議などで全く発言しない人は軽視されてしまうのです。

 

私は高校での英語教育が英語でなされることは反対ではないのですが、現実を眺めればあまり意義がないと考えるのです。たとえ、高校での英語教育の結果、英語で何とか自分の意見を述べることが可能になっても、いったん日本人社会の中に入って日本の社内環境に溶け込むと、日本語で自分意見をペラぺラ発言したら周りから嫌われてしまうことがいまだ残念ながら存在するのです。会社内での会議でも参加者が自由に、気楽に自分の意見を述べることができる環境になっていることが大事なのです。

 

したがって、今回の英語による英語教育を成功させるためには、同時に日本語の対話能力の向上をする時間を高校に設けること、そして最終的には日本の社会全体、少なくとも企業内でも自由に発言、対話が出来るような環境作りが必要なのです。この二点がうまく作動しないと今回の高校での英語を使っての英語教育の最終目的達成は不可能になるのです。

 

ともかく、あなたが男性で、家庭内会話がほとんどゼロである場合には、英会話の勉強をあきらめたほうが良いかもしれません。それでも、英語で外国人と話してみたいとの願望があるのであれば、まず家庭内での会話練習(もちろん日本語で)からしてはどうでしょうか。もし、あなたが奥さんに「愛しているよ」と言えるようになったらあなたの英会話能力は100%向上するでしょう。(o^-^o) もしあなたがいまだ両親のもとで生活しているのなら、毎日、お母さんに「今日の夕飯はとても美味しかったよ」くらいの賛辞がすらすらといえるようになることが大切です。

 

市場にはいろいろな英会話上達の本やシステムの宣伝広告が載っています。確かにそのような教材で英会話が上達することもあります。ところが、新聞広告などの宣伝に、「この方法で英語がかなり聞き取れるようになった」との使用者のコメントが列記されています。しかし、英会話がかなり楽に聞き取れるようになったからといって、では話すのも全く問題ないかというとそうではないのです。つまり、相手の言うことを聞き取れるからといって、すなわち自分もペラペラと話せるようになるわけではないのです。しかも、繰り返しになりますが、たとえ相手の言っていることがかなり理解できても、それイコ-ル自分からも同じように相手に話しかけることが出来るとはならないのです。勿論そのような広告に書かれてあることが嘘だとは言いませんが、全般的には眉唾物と考えることです。特に男性にとってはそのような宣伝文は通じないのです。もしあなたが男性でどうしても英会話力を身に着けたいと思うのなら、まず日本語で毎日最低十分間連続して一人で話すことを練習してください。これが出来なければ落第ですよ。

 

毎日のように新聞広告に英会話の教材の宣伝が載っていて、「ただ聞くだけ、耳から覚える英会話」「えっ、気が付いたら自分の口から英語が出てきた」などの広告がありますが、確かに一部の人にはそのような成果が現れることはありますが、すべての人がそのようになるわけではないのです。「聞き取れる」ことと「話すこと」とは必ずしも同じではないのです。そのような宣伝に登場するのは多くの場合、女性であるのも肯けるのです。実はこのことは極めて重要なのです。女性は男性と比較したら話すのが好きなのです。しかし、この種の広告が毎日のように新聞に見られるのですが、そこに登場する人のほとんどが女性であることに男性は気が付かないのです。。

 

とくに問題なのは、仮にそのような宣伝のように、相手の言っていることがかなり理解できるようになっても日常生活の場の中で誰と英語で話す機会がありますか ??。いったい、誰と英語で話すことが出来るのですか。そんな必要性はどのくらいの頻度であるのでしょうか。まさか夢の中で話すことがあるのでしょうか。

 

これは私の経験から皆さんに確実にお伝えすることが出来るのです。ですから、どうしても英会話能力を向上したいと願うのならば、学習と同時に自分の片言の英語でも会話出来る相手を探すことも必要なのです。ところが、これが一番難しいのです。

 

つまり、英会話を勉強する目的が明瞭でないとなかなか進歩はしません。いくら英語での会話が理解できるようになっても、実際にそれを使う機会が殆ど無いような島国日本では英会話の上達を期待することは無理があるのです。例えて言うならば、いくら料理の学校に行って料理の作り方を学んできても、食べてくれる人がいなければ料理をつくる意味が無いのと似たような状態なのです。

 

追加(2014 Aug)
いつも新聞広告に現れる英会話の本の新聞広告の著者はほとんどが女性なのです。しかもその広告の中に必ずといってよいくらい簡単な英文が記載されていますが、そのような表現はまず日常会話には必要ないのですが、例えば、I am over the moonが書かれてありますが、このような表現は知らなくとも全く問題が無いのですが、あたかもそのような表現を知らない人にもこの本ではすぐに言えるようになる錯覚を起こさせるのです。この表現の意味は「天にも昇る気持ちです」だそうです。現実にこのような表現を日常生活の中で使う可能性がどれほどあるのでしょうか。まったく笑っちゃいます。こんな表現は自分の奥さんにも言えませんよ。

 

追加(2015 April)
ともかく毎日のように新聞広告にでかでかと英語をいかに簡単に話すことが出来るとの宣伝が載っています。でも考えたら、もし本当にそのような広告に載っている講座、方法などで誰もが簡単に英語の会話がすらすら話せるようになるのなら、ひとつの方法ですべての人が簡単に英語を話せるようになる筈なのですが、現実にはその逆であるので、このようないろいろな宣伝が毎日のように載っているのです。しかも、それぞれが異なった業者のものなのです。いったい、日本にはいくつくらいのそのような簡単英会話方法があるのでしょうか。まさか皆さんそれらのいろいろな方法を試しているのではないでしょうね。毎日のように英会話に関する本の宣伝が載っていますが、いっちたい今までに何百冊の英会話関連の本が出版されているのでしょうか。もし本当に誰でも簡単に英会話を習得することできる方法が一つでもあればそれで済むのですが、現実はそんなに簡単ではなく、多くの人がそのような本を毎回購入して試してみても現実には英会話がペラペラになることはほとんど皆無なのです。

 

たとえば、「あなたは逆さ上がり」を英語でいえますか、との宣伝文がありますが、そんな表現は全く知らなくとも問題は無いのですが、あたかもそのような表現を英語で言えないのはあなたの英語力が弱いので、この本をぜひお読みくださいとの趣旨なのです。しかし、普通の人の多くはなるほどそうかな、と考えてそのような本とか講座に飛びつくのです。

 

そのほかにも「四字熟語を英語で言えますか」との本が30万部突破と、宣伝されていて、その例として「宇宙遊泳」とか「物見遊山」を英語で言えますか。このような本自体が出版され、おおくのひとが買っているようですか、このような表現なんか知らなくとも日常の英語会話には必要はないのです。しかし、こんな簡単なことが英語コンプレックスの人には新鮮味を感じるのかもしれませんね。なお、本の宣伝で読者が惑わされるのはその発行部数のことです。新聞広告には「突破」とか「増刷」とかが書いてありますが、「完売」とは書かれていないのです。

 

本の流通は出版社から各書店に一定数が送られますが、ある一定の期間が過ぎると売れなかったものは出版社に戻されるのが普通なのです。そのような環境では実際に売れた数は読者は知らないのです。新聞広告などに現れる書籍の販売経路は書店ですが、まずは書店に並べられ、売れ残りは返本の憂き目にあいます。広告で謳われる部数はあくまで印刷部数(流通部数)で、実売部数とは異なります。極端な例では、30万部増刷して、20万部返本・断裁となる場合もあるかもしれません。

 

ともかく毎日のように新聞広告に英会話上達のの秘伝のようか公告が載っています。このことは女性用の化粧品と似たようなもので、本来化粧品を必要としないきれいな人がモデルに現れて、この化粧品を使えばこんなにきれいになりますよ、との宣伝と似たようなものなのです。英会話の宣伝もそれに似たようなもので、そこに登場する「成功者」の声は99%が女性なのです。たとえば゜「夫にスゴイと言われた」のような広告文が大きく載っているのです。それはそうでしょう、一般的には女性は話し好きが性格なのです。

 

ともかく、英語を話すときに、まず日本語を考えてそれを頭の中で英語にどのように翻訳できるかを考えている段階では英会話は進歩しなせん。従って、どうしても英会話を習得したいと考えるのなら、
1) ともかく日本語を考えずに英会話のようなテキストの発音を毎日何回となく、聞くことです。
2) そのような場合には日本語を忘れる努力をすることです。
3) 片言の英語でも話せるような機会を探すことです。これは日本では意外と難しいかもしれませんが、そのような努力なしでは英会話は進歩しません。

 

2013年4月15日 (月)

MRによる消極的な副作用情報提供は世界的にも似たような状況

MRによる消極的な副作用情報提供は世界的にも似たような状況

一般的によく言われている企業は副作用情報の提供に関してはあまり積極的ではないと言われていますが、これはなにも日本だけの現象ではなく、世界共通のようです。最近、この問題に関してプロスベクティブな調査がなされその成果が発表されています。

Journal of General Internal Medicine
April 2013
Pharmaceutical Sales Representatives and Patient Safety: A Comparative Prospective Study of Information Quality in Canada, France and the United States

このような状況を別な視点から見ると企業は安全性情報を積極的には収集していないとも理解できます。世界的には企業は副作用情報収集は消極的であることが理解できます。
もっとも、このような通念をある意味では裏付けるためにこのようなプロスベクティブな調査がなされ、発表されたのでしょうが、あまり意義のあるものではないかもしれません。

でも今頃になってまだこのような観点からの研究、しかもプロスベクティブな調査がなされているということは間接的にはいまだに副作用報告の「氷山の一角」現象が理解されていないものと考えられるのです。あるいは若い世代の人たちにはこの「氷山の一角」現象が目新しいのかもしれません。

2013年4月12日 (金)

日本人のテロ対策感覚

日本人のテロ対策感覚

 

四日の朝日新聞の「社説余滴」欄で「原発テロに備える覚悟とは」で日本の原発施設のテロ対策の必要性を記者が痛感されていましたが、確かに日本人にはテロ対策という概念は極めて薄いのではないでしょうか。

 

原発の安全性に関して、米国務省のケビン・メア日本部長の発言エピソードがあるサイトに紹介されていました。「ブッシュ政権の頃、2001年9月11日の同時多発テロ事件後、米国は原発に関するテロ攻撃の脅威を真剣に受け止め、その一環として同盟国日本の原発警備状況を把握しようとした。ホワイトハウスの国土安全分野担当が東京を訪れ、日本政府当局者と意見交換する場に、メア氏も同席した。ホワイトハウスの担当者は、日本の原発警備の手薄さに驚き、銃で武装した警備要員の配置が必要であると力説した。これに対する日本の当局者の答えがふるっていた。「日本の原発に、銃で武装した警備要員は必要ではありません。なぜなら、銃の所持は法律違反になるからです。」ホワイトハウスの当局者は小声で傍らの私にたずねた。「これって、ジョークだよね? だったら笑ったほうがいいかな」私は彼の耳元にささやいた。「たぶん、ジョークじゃない。笑わない方がいい。」ホワイトハウス当局者は神妙な表情でうなづき、日本政府当局者の発言をメモに取るふりをしていました。」

 

この例にもあるように日本人にはテロはいまたに無縁の存在なのです。たしかに新聞などでは時折テロ対策なる記事が載りますが、それはあくまでも表向きの表現であり、その現実は極めてお寒いのです。例の地下鉄サリン事件のときにはテロ対策が話題になったかもしれませんが、抜本的な対策はうやむやになってしまっています。

 

その典型例の一つとして日本の表玄関の成田空港入口での検問体制をみれば実感できるのです。(このことについてはこのブログのなかで詳細に解説してあります。)

 

そのほかにも海外から日本のそれぞれの空港に到着すると乗客全員が課税対象品の有無にかかわらず税関で「携帯品・別送品申告書」の提出が義務化されているが、この申告書にでたらめな氏名、住所を書いても係員は別に旅券と比較照合することもなく、全くの形式にすぎないことをも指摘したい。なお、税関当局に対してこの点を私が書面で質問したところ、答えとしての公式の説明では「この申告書の提出はテロの未然防止や麻薬・覚せい剤等不正薬物の密輸阻止を図りつつ、迅速かつ適正な通関を行うため、日本に入国する乗客全員が「携帯品・別送品申告書」を提出すること」との回答であったが、このような申告書の提出がテロ対策と結びつく可能性は全く考えられず、とても危機管理の専門家がみたら最悪の対策であり、全く意義のないものである。前述のホワイトハウスの当局者ではないが、この返事って、まさかジョークではないようです。でも往時はこの申告書は課税品を持っている人のみに記入が求められていたのですが、新しい制度では全員が、免税、課税の区別なしに、この用紙への記入が求められているのです。となると、やはり理論上はテロ対策が新たに加わったものなのかもしれません。

 

それから考えたのですが、この申告書は回収した後どのように処理されているのでしょうか。まさか誰かがこの用紙に記入された項目を別途コンピユターに入力でもしているのではないでしょうね。でも、そうだとすると入力には余計な人件費が発生し、これまた税金の無駄遣いになるのですが・・・・。

 

確かに、そのような観点に立てば日本はまさに安全天国なのですが、そのような環境にどっぷりつかっているテロ対策なる表現はまったく意味のないものなのです。今後もし本当の意味でテロ事件が国内で発生したら恒例のように「想定外でした」になるのでしょう。

 

追記(2014 Jan)
対テロ感覚とは直接関係はないのですが、危機感の欠如感覚は多くの政治家、識者が持っています。最近問題とされているのは南ス-ダン派遣の国連軍の韓国軍が銃弾が足りなくなって、日本の自衛隊が急遽必要銃弾を韓国軍に貸与した問題で、やれ武器・弾薬の提供は許されないなどとの批判、反論が出ていましたが、これもまったく現場を知らないノウテン的な解釈なのです。もし現場の危機感を理解すれば弾薬が不足してもし韓国軍が襲われたとしたらどうなるのでしょうか。もしあの場合に、日本の法律では武器・弾薬の提供は禁じられているから、韓国軍に銃弾は貸与できませんと断った結果、もし韓国軍が襲われて死者などが出たとしたならばそれこそ日本は国際的な非難を受けるのです。前記の警備員のピストル携帯に関する逸話と同じように、危機感の認識が理解されていない良い例になるのかもしれません。

 

追記(2016 April)
この九日の朝日新聞の「私の視点」欄にアメリカの識者が「フクシマ・テロの可能性」と題して原発警備員の武器携帯の必要性を述べていましたが、現在の日本の原発施設の警備員の場合はどうなっているのでしょうか。もしかしたら、いまだに武器は持っていないのかもしれません。

追記(2021 Marcg)

このような安全性に関する日本人の能天気さは今でも平然として継続されているのです。例えば、最近の新聞に新潟の柏崎羽刈原発で社員が他人のIDカドで不正に中央制御室に入ったことが問題視されていました。この時には警備員が不審に思ったのだが制止しなかったとのことです。このようなことは日本では当たり前で、なぜかと言いますと、そのような所で働いている警備員は地元の人であり、国際的な安全性対策概念はゼロだからです。こんなことを言っては失礼かもしれませんが、そのような地方の原発施設の警備員は地元の国際感覚ゼロの住民なのです。

この記事を新聞で読んだ時にはかっての成田空港入口での旅券検査のことが想い出されました。当時の成田空港入口での旅券検査に携わっていたム警備員は地元の人たちで、国際的な警備なんという感覚はゼロに等しかったのです。

 

追記(2021)

東電柏崎刈羽原発での警備員のいい加減さに関したことが報道されていました。つまり、東電社員が他人のIDカドを使って施設内に入ることが出来たとのことです。その時の警備員がそのことに気が付かず、簡単に施設内に入れたことなのです。

こんなことは日本では当たり前で、IDカドを持っていること自体が重要なのであって、それを持っている人とIDカドにある写真とを比べて同一人物であるかどうかと言う検査は必要ないのです。

 

2013年4月 6日 (土)

タミフルのすべての臨床データの公表

タミフルのすべての臨床データの公表

タミフルのすべての臨床データをロッシュ社はすでに2009年に発表しますと公言していましたが、三年以上も経過しても未だにその公表は実現していません。いつになったら実現するのでしょうか。もしかしたらタミフルが効かないインフルエンザヴィルスが出現する状態になるまで待っているのかもしれません。以下は最近のBMJのコメントです。まさか、オリジナル論文に手を加える作業に時間がかかっているとは考えられませんが・・・・。


Roche Agrees to Release Oseltamivir Trial Data for Review By Kelly Young

Swiss pharmaceutical company Roche has agreed to release all of the clinical trial data for its influenza drug Tamiflu (oseltamivir) after repeated requests by BMJ and the Cochrane Collaboration.

Roche will release data from 74 company-sponsored trials, and the Cochrane group "cautiously welcomed the move," according to a BMJ news report. The group had sought the release for over 3 years. Cochrane reviewers have said that about 60% of the data from phase III trials of oseltamivir have never been published. Government agencies have approved the use of oseltamivir and stockpile it, but the concern is that no independent group has ever vetted the full dataset.

The Cochrane group expressed reservations about whether the data they receive will be too redacted to be of use.

Link(s):
www.bmj.com/tamiflu
http://firstwatch.jwatch.org/cgj/content/full/2012/1113/5

2013年4月 4日 (木)

自費出版をする前に

自費出版をする前に

  最近はいろいろな出版社が自費出版を宣伝しています。たしかに、昔と異なり今では自分で何かを書いてそれを自費出版することが簡単になりました。自分史から始まっていろいろな思い出とか、人によっては旅行記、随筆、俳句集などいろいろなジャンルのものが自費出版可能となっています。
  
自費出版の目的には主として自分自身の記念の為のもの、あるいは友達などに配布したいという目的とのふたつに分けることが出来るかも知れません。確かに、その内容がどのようなものであれ、紙の媒体としての本を出版できることは多かれ少なかれ殆どの人の願望ではないでしょうか。さらに自費出版の種類によっては書店に並んだり、アマゾンなどで注文することも可能になります。
  
しかし、問題はその費用です。原稿枚数等によっても値段は異なりますが、ンジュウ万円以上もの出費を強いられることがあり、初めてそのような予算を提示されると改めて考えさせられてしまいます。

  そこで、一つの方法として電子版書籍を作ってはどうでしょうか。この電子版書籍を作ることはいとも簡単で、PCで原稿を綺麗に書き上げ、自分の好きな模様などで表紙をつくり、刷りあがった紙の媒体を業者に頼んでPDF版を作成してもらうのです。この費用は原稿の量によっても異なりますが、ともかく安いのです。ほとんどが千円前後でPDF版を作製してくれます。
なお、PDF販にしなくともwordで書いたものをそのまま無料電子書籍ライブラリに投稿することも出来ます。

らくらくPDFドットコム
http://www.rakupdf.com/
お問い合わせはお電話でも!03-3350-5863

  
出来上がったPDF版を無料の電子版書籍ライブラリー(たとえば、http://www.ipad-zine.com )に載せれば誰でもその電子版を無料で自由にダーウンロードして読めるのです。勿論この場合は紙の媒体の本という形では手にすることは出来ませんが、すくなくとも自分の書いたものを友人などに読んでもらうことが出来るのです。そのほかにも第三者が読んでくれるかも知れません。この種のライブラリーでは誰が読んでくれたかは分かりませんが、何人の人がダーウンロードしたかは分かります。
  
つまり、自費出版の目的によっては大金を払わなくともいろいろな人たちに読んでもらうことができる方法があることです。自費出版の目的がなんであるかによってもそのやり方は異なりますが、若い人には電子書籍も意外に受けますので、無知の人たちにも読んでもらえる可能性が高いと思います。

追記(2013 July)
最近、新聞で読んだのですが、ある人が手書きで書いた大河ドラマ「架空の歴史ノ-ト 1帝国史 分裂大戦編」がキンドルで売り上げ上位になっているとのことです。この場合は定価が304円ですが、電子版で読んでもらえる一つの方法かもしれません。でも、この程度の値段では印税をあてにはできませんが、キンドルという媒体が影響しているのかもしれません。出版社によっても異なりますが、印税は定価の10-20%位ですので、収入はしれたものです。
  

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »