« 小学校のズル休みは罰金の対象。スイスの例 | トップページ | 自費出版をする前に »

2013年3月28日 (木)

「華のパリ」は「中国人のパリ」

「華のパリ」は「中国人のパリ」


久しぶりにパリを観光してきました。スイスからパリまでフランスの新幹線と言われるTGVに乗っていったのですが、私がいつも感じるのはこのTGVは日本の新幹線、ドイツのICEに比べて車体の幅がすこし狭く、また窓の高さも低いのです。したがって車内も新幹線に比べたら薄暗く、狭い感じです。ちなみにそれぞれの車体幅を比較しますと新幹線3.35m, TGV 2.90m, ICE 2.95mとなっています。


パリの駅では頻繁に手荷物などの盗難に気を付けるようにと車内放送があるのには驚きました。というのも、TGVに乗っても車体によっては座席の上の棚が狭く小型トランクを載せることが出来ないのです。したがって、それぞれの車両の入り口のところにトランク置き場があるのですが、そのような状態だと運が悪いとトランクを持ち逃げされることもあり得るのです。


しかし、町の中での東洋人の観光客は一昔前とは完全に入れ替わっていました。60年代には日本の農協の団体がパリをはしめ欧州に大挙してやってきたものですが、今は中国の観光客の団体で溢れていました。もっとも、今の人たちには農協団体の海外旅行なんてなんのことかわからないかもしれません。当時は農家の全盛時代でおかねもちの農家のひとたちが大挙して海外旅行をしたものです。農協さんの海外旅行にかんしての笑い話にロ-マのコロセオを始めて見て「へぇ、ロ-マにはまだ戦争被害の跡が残っているのですね」と感嘆したとか。


 


どこもかしこも東洋人と言えば中国人がほとんど。日本人はむしろ個人単位の観光客とも言えます。全く変われば変わったものです。ともかくデパートには中国人の団体客が通訳の人に従って動いていました。またどの売り場にも東洋系の女性が居るのにも驚きました。おそらく彼女らは中国語を話すことができるのかもしれません。ともかく他の国では見られない光景でした。それだけ中国人の団体はよいお客さんなのかもしれません。それにしてもそれぞれのデパートの顧客対応は大したものです。


 

« 小学校のズル休みは罰金の対象。スイスの例 | トップページ | 自費出版をする前に »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「華のパリ」は「中国人のパリ」:

« 小学校のズル休みは罰金の対象。スイスの例 | トップページ | 自費出版をする前に »