« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の記事

2013年3月28日 (木)

「華のパリ」は「中国人のパリ」

「華のパリ」は「中国人のパリ」


久しぶりにパリを観光してきました。スイスからパリまでフランスの新幹線と言われるTGVに乗っていったのですが、私がいつも感じるのはこのTGVは日本の新幹線、ドイツのICEに比べて車体の幅がすこし狭く、また窓の高さも低いのです。したがって車内も新幹線に比べたら薄暗く、狭い感じです。ちなみにそれぞれの車体幅を比較しますと新幹線3.35m, TGV 2.90m, ICE 2.95mとなっています。


パリの駅では頻繁に手荷物などの盗難に気を付けるようにと車内放送があるのには驚きました。というのも、TGVに乗っても車体によっては座席の上の棚が狭く小型トランクを載せることが出来ないのです。したがって、それぞれの車両の入り口のところにトランク置き場があるのですが、そのような状態だと運が悪いとトランクを持ち逃げされることもあり得るのです。


しかし、町の中での東洋人の観光客は一昔前とは完全に入れ替わっていました。60年代には日本の農協の団体がパリをはしめ欧州に大挙してやってきたものですが、今は中国の観光客の団体で溢れていました。もっとも、今の人たちには農協団体の海外旅行なんてなんのことかわからないかもしれません。当時は農家の全盛時代でおかねもちの農家のひとたちが大挙して海外旅行をしたものです。農協さんの海外旅行にかんしての笑い話にロ-マのコロセオを始めて見て「へぇ、ロ-マにはまだ戦争被害の跡が残っているのですね」と感嘆したとか。


 


どこもかしこも東洋人と言えば中国人がほとんど。日本人はむしろ個人単位の観光客とも言えます。全く変われば変わったものです。ともかくデパートには中国人の団体客が通訳の人に従って動いていました。またどの売り場にも東洋系の女性が居るのにも驚きました。おそらく彼女らは中国語を話すことができるのかもしれません。ともかく他の国では見られない光景でした。それだけ中国人の団体はよいお客さんなのかもしれません。それにしてもそれぞれのデパートの顧客対応は大したものです。


 

2013年3月18日 (月)

小学校のズル休みは罰金の対象。スイスの例

小学校のズル休みは罰金の対象。スイスの例

小学校の生徒が学期中に両親の都合で学校に行かないことがあります。例えば学期が始まる直前とか、学期が終わる直前に一日か二日ほど早めに休暇に子供を連れて行くことが起こりえます。とくに旅行の日程によってはどうしても学期開始前後に休みをとりたい場合も考えられます。

欧州などではバカンスが一斉に始まる期日が明確なので、ホテルなどの予約の都合上必ずしも学期の始まり、終わりにあわせて旅行に出発することができないこともあります。そのようなとき、日本の小学校ではそれらの小学生の休みをどのように扱うのでしょうか。ただ単に前もって学校に届けていれば問題ないのではないでしょうか。

ところが、最近知ったのですが、スイスの小学校ではそのような両親の都合による病休以外の休暇は一年を通じて二日だけが許されていて、それ以上の臨時休暇をとることはできないのです。もし、三日ないしそれ以上の許容範囲外の休暇をとると罰金が科せられ、しかもその罰金は両親の収入に応じた額になるのです。それでも最低の罰金が二万円相当になるのです。

考えてみれば義務教育期間中にその義務を両親の都合により放棄することになるので罰金が科せられると理解することはできますが、それにしても厳しいです。もし、このような制度を日本に導入したら直ちにPTAから抗議が出るかもしれません。

2013年3月10日 (日)

薬局薬剤師のやる気を起こすには。スイスの例

薬局薬剤師のやる気を起こすには。スイスの例

日本の薬局の多くは停滞気味であり、その多くの薬局の薬剤師はまったくやる気がないと私は理解しているのです。ともかく都会の住宅街にある薬局はまるで活気がないのです。
そのような状況を打破するにはいろいろな活動の可能性を知ることも意義があるのではないでしょうか。そのような意味で最近、スイスで導入されたシステムは参考になるのと思うのです。

昨年2012年の四月からスイスで薬局薬剤師の医療への間接関与プログラムが試験的に発足している。このプログラムはNetcareと呼ばれ、スイス国内の薬局薬剤師が薬局に来た患者の主訴を聞いて、患者が望めばその場で専門の医師をPC画面上で呼び出し、患者、薬剤師、医師が一体となってコンピュターの前で患者が主訴を述べ、薬剤師がその間にアドバイスなどをしながら、画面上の医師が患者の病態を充分に問診し、患者の主訴を確かめながら検討し、最終的に医師がどのようにすべきかを判断するようになっている。そしてもし投薬で症状の回復が望めると判断された場合には、即座に医師が処方箋を書き、それが直ちにファックスで薬局に送られてきて、その処方箋に基づいて薬剤師が患者に服薬指導をしながら処方薬を交付することができる仕組みになっている。ここでの薬局薬剤師の役割は薬局に来た患者の主訴を聞き、Netcareのシステムの存在を伝え、もし患者が望めばそのシステム利用を薦めることになる。そして薬剤師は患者を別な個室に案内し、薬剤師が患者と一緒にコンピューターの前に座り、担当医師を画面上に呼び出し、三人での対話が始まる仕組みになっている。

このシステムは昨年四月から二年間の試験期間で継続され、その後の時点で再評価される仕組みになっている。このシステムが発足した時点で、スイス国内各地の約二百の薬局がこのシステムに参加している。このシステムを利用するときの費用に関しては、まず最初に薬剤師との対話でこのシステムを利用することに同意した時点で、薬局に15フランを支払うことになる。(現在の換算レートでは約1500円) ついで、このシステムに関与している医師グループMedgate-Arztに対しては48フラン以上の費用が支払われる仕組みになっている。なお、この医師グループは24時間対応の独立した組織となっており、薬局を介してのNetcareシステムとは関係なく、一般の人も気軽に家庭から電話ないしインターネットを介していろいろな治療のアドバイスを受けることもできる。なお、このシステムを利用した費用はスイスの健康保険会社の多くが還付の対象としているので、意外と将来性はあるかも知れない。

したがって、このシステムを利用することにより、患者が家庭医との予約を取り、数日後に家庭医を訪問し、診断を受け、処方箋を手にして薬局に行くという時間的手順が省略され、一般的な症状のような場合にはきわめて便利なシステムであり、また患者にとっても時間の節約にもなる。しかもその場で処方医薬品を手にすることができるというメリットがある。つまり、従来の概念では患者が薬局に行って何らかの医薬品を望んでも処方箋薬を手にすることは不可能である。このようにこのプログラムの特徴は患者が間接的に医師を介し、即座に何らかの形で処方薬による治療を受けることができる点である。

なお、以下のサイトから実際にどのようなことがなされているかの概要をyou tubeからみることができる。   www.netcare-apotheke.ch/

もちろん、この試みには賛否両論があるようで、試験的に発足した時点でのアンケート調査では賛成は35%だったと伝えられている。ただ、このプログラムの欠点は医師が患者を直接診ることができないことかも知れない。しかし、PCを通じて担当医がさらなる検査、診断が必要と認められれば当然のことながら、家庭医、あるいは専門医での診察がアドバイスされ、従来の方式による医療の対象になる。

つまり、簡単な処置ですむことができるような主訴のような場合にはこのようなネットケァープログラムは案外患者にとっては喜ばれるのかも知れない。たとえば、急激な腰痛とか胸焼け、頭痛などの症状を医師の介入により薬局で直ちに処方医薬品を手にすることができる。周知のように一般医薬品以外の処方箋を必要とするよう医薬品投与の必要性があるような場合にはこのシステムはかなり有用であると考えられる。

ちなみに、スイスでの医療の形態は基本的には家庭医制度であり、特別な場合を除いては患者はまず最初に家庭医に電話をし、予約をとってから医師を訪問し、治療を受けることになり、家庭医の判断で専門医による対応が必要と判断された場合に、家庭医が専門医への紹介をすることになっている。したがって、緊急を要する場合を除いては家庭医に電話でアポイントメントを取ることになり、通常は電話でのアポイントをとってから三日前後の余裕が必要となる。もちろん、緊急の場合には直ちにその日のうちにアポイントメントをることは可能である。また、医薬品は日本の場合とは異なり、医療用の医薬品もすべてが箱包装であり、その中には必ず患者向けの添付文書が入っている。また、他の欧州諸国と同様に、薬局は薬局であり、日本のように調剤薬局、保険薬局、一般薬局などの区分は存在しない。したがって、処方箋を持って薬局に行っても実際に箱包装の医薬品を受け取れるのはきわめて短時間であり、日本のようなばら売り形式の医薬品交付形態でのかなりの時間待ちをすることは考えられない。

なお、この記述は日刊紙「薬事日報」の3月 4日の紙面に載っています。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »